ダウ化工 株式会社


スタイロフォーム厚さ早見表

本表は、木造住宅の「外張断熱工法」の場合に、建築物省エネ基準、ならびに、低炭素建築物認定基準を

満足する仕様例としてまとめたものです。




本仕様表は、「住宅事業建築主の判断の基準における、エネルギー消費量計算方法の解説」のモデル戸建住宅(床面積:約120㎡)の計画をベースに、下表の開口部面積比率に設定して計算を行った結果をまとめたものです。
本表の推奨断熱厚みは目安であり、住宅の形状や床面積、開口部比率等の計画が異なる場合は、本表の仕様と異なる仕様となる場合があります。
建築物省エネ基準、ならびに、低炭素建築物認定基準への適合性については、それぞれの住宅毎に計算を行って確認する必要があります。

●建築物省エネ基準の本則及び附則(断熱材の熱抵抗基準)では、屋根の断熱厚みが100mm以上となるため施工が煩雑になる可能性がありますが、「建築主の判断基準」に基づいて断熱仕様を検討する場合は、任意に厚みを変更することができるため、屋根の断熱材の厚みを低減して壁の断熱材と同等の厚みにする等の対応が可能になります。

●以下の建築物省エネ基準の基準値(UA値、ηA値)を満足でき、かつ、建築物省エネ基準及び低炭素建築物認定基準の「一次エネルギー消費量の基準」を満足できる設計例を示します。




■1地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 Ⅰa 備考
1地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.46  
外皮平均日射取得率 - ηA -  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
125 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 125
75
外気に接する床 75
スタイロフォーム™FG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 90
桁上 90
75
外気に接する床 75
スタイロフォーム™AT 基礎 75 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製・ プラスチック
(木) 複合構造製
●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス (A10以上)
日射取得型 (0.64)
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
ドア 種類(例) 金属製高断熱構造 ●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 21%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (1と2地域の設備仕様は同じ)

●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。

外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
温水式パネルラジエーター
(石油熱源機)
※断熱配管の採用
連続運転
石油熱源機
定格能力/消費効率 83%
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 石油給湯機
JIS効率 81.3%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■2地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例
 
●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 Ⅰb 備考
2地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.46  
外皮平均日射取得率 - ηA -  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
125 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 125
75
外気に接する床 75
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 90
桁上 90
75
外気に接する床 75
スタイロフォームAT 基礎 75 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製・プラスチック
(木)複合構造製
●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス (A10以上)
日射取得型 (0.64)
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
ドア 種類(例) 金属製高断熱構造 ●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 21%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (2と1地域の設備仕様は同じ)
●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
温水式パネルラジエーター
(石油熱源機)
※断熱配管の採用
連続運転
石油熱源機
定格能力/消費効率 83%
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 石油給湯機
JIS効率 81.3%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■3地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネの基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 II 備考
3地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.56  
外皮平均日射取得率 - ηA -  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
65 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 65
65
外気に接する床 65
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 50
桁上 50
50
外気に接する床 50
スタイロフォームAT 基礎 50 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製・プラスチック
(木)複合構造製
●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス (A10以上)
日射取得型 (0.64)
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
ドア 種類(例) 金属製高断熱構造 ●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
2.33
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 21%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例  (1・2の設備仕様と3地域の設備仕様は異なる)
●建築物省エネ (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
FF暖房機
 
定格能力/消費効率 86%
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 石油給湯機
JIS効率 81.3%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■4地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 III 備考
4地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.75  
外皮平均日射取得率 - ηA -  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
65 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 65
65
外気に接する床 65
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 50
桁上 50
50
外気に接する床 50
スタイロフォームAT 基礎 50 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製・プラスチック
(木)複合構造製
●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス
(A5以上A10未満)
日射取得型 (0.64)
熱貫流率U
(W/m2・K)
3.49
ドア 種類(例) 金属製 扉:断熱材充填
フラッシュ構造
枠:熱遮断構造
●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
3.49
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 26%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (1・2、3地域と4地域の設備仕様は異なる)
●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
FF暖房機
間歇運転
定格能力/消費効率 86%
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 石油給湯機
JIS効率 81.3%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■5地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 IVa 備考
5地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.87  
外皮平均日射取得率 - ηA 3.0  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
60 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 60
60
外気に接する床 60
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 50
桁上 50
50
外気に接する床 50
スタイロフォームAT 基礎 50 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製 ●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス
(A5以上A10未満)
日射遮蔽型 (0.4)
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
ドア 種類(例) 金属製 扉:
断熱材充填フラッシュ構造
●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 26%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (1・2、3地域と4地域の設備仕様は異なる)
●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
高効率
ルームエアコンディショナー
間歇運転
定格能力/消費効率 区分(ろ)
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 ガス給湯機
JIS効率 78.2%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■6地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 Ⅳb 備考
6地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.87  
外皮平均日射取得率 - ηA 2.8  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
60 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 60
60
外気に接する床 60
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 50
桁上 50
50
外気に接する床 50
スタイロフォームAT 基礎 50 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製 ●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス
(A5以上A10未満)
日射遮蔽型 (0.4)
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
ドア 種類(例) 金属製 扉:
断熱材充填フラッシュ構造
●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 26%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (6と5地域の設備仕様は同じ)
●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
高効率
ルームエアコンディショナー
間歇運転
定格能力/消費効率 区分(ろ)
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 ガス給湯機
JIS効率 78.2%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■7地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 備考
7地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA 0.87  
外皮平均日射取得率 - ηA 2.7  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
60 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 60
50
外気に接する床 50
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 50
桁上 50
40
外気に接する床 40
スタイロフォームAT 基礎 50 ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製 ●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス
(A5以上A10未満)
日射遮蔽型 (0.4)
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
ドア 種類(例) 金属製 扉:
断熱材充填フラッシュ構造
●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 26%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (5・6地域と7地域の設備仕様は同じ)
●建築物省エネ基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
高効率
ルームエアコンディショナー
間歇運転
定格能力/消費効率 区分(ろ)
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 ガス給湯機
JIS効率 78.2%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。

▲ ページの上へ
■8地域における断熱材の厚み

(1)木造住宅「外張断熱工法」の場合の断熱仕様例

●建築物省エネ基準の基準値 (UA値、ηA値)
(=日本住宅性能表示制度「断熱等性能等級4」)を満足する仕様例です。
  地域区分 備考
8地域
外皮平均熱貫流率 W/m2・K UA -  
外皮平均日射取得率 - ηA 3.2  
スタイロエース™-Ⅱ
(λ= 0.028W / m・K)
屋根 厚さ
(mm)
30 スタイロエース-Ⅱ
または、スタイロフォームFG
のどちらかの仕様を選択して下さい。
桁上 30
30
外気に接する床 30
スタイロフォームFG
(λ= 0.022W / m・K)
屋根 -
桁上 -
-
外気に接する床 -
スタイロフォームAT 基礎 - ●防蟻断熱材
開口部
(仕様例)
種類(例) (一重)金属製 ●ブラインド等の付属無し。
●窓の種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様の窓を選定下さい。
ガラスの
日射侵入率η
Low-E複層ガラス
(A5以上A10未満)
日射遮蔽型 (0.4)
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
ドア 種類(例) 金属製 扉:
断熱材充填フラッシュ構造
●ドアの種類は参考例です。
●左記の熱貫流率U(W/m2・K)以下の仕様のドアを選定下さい。
熱貫流率U
(W/m2・K)
4.07
開口分面積比率(開口部/延べ床面積) の目安 < 26%  

(2)(1)の住宅に導入できる設備仕様例 (1・2、3、4、5・6・7地域と8地域の設備仕様は異なる)
●建築物省エネ基準 (=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級4」)、
ならびに、低炭素建築物認定基準(=日本住宅性能表示制度「一次エネルギー消費量対策等級5」)を満足する仕様例です。
外皮 通風 (自然風)
の利用
主たる居室 換気回数0回/hr相当以上 ●設備等は
標準的な仕様とする。
※任意に変更可能
その他の居室 換気回数0回/hr相当以上
蓄熱の利用   利用なし
暖房設備

主たる居室/

その他の居室



熱源機の種類
設置しない
定格能力/消費効率
冷房設備 主たる居室 /
その他の居室
高効率ルーム
エアコンディショナー
間歇運転
消費効率 区分(ろ)
換気設備 換気方式 ダクト式 第3種
(換気回数0.5回/hr)
比消費電力 0.3W/ (m3/h)
給湯設備 熱源機 種類 ガス給湯機
JIS効率 78.2%
ふろ給湯機 追焚あり
給湯配管方式 ・給湯ヘッダー方式
・分岐後の配管径:13A以下
台所水栓 ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
・水優先吐水機能
浴室シャワー ・2バルブ以外の水栓
・手元止水機能
洗面水洗 ・2バルブ以外の水栓
・水優先吐水機能
浴槽の断熱 ・高断熱浴槽
太陽熱利用 ・なし
照明設備 主たる居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・多灯分散照明なし
・調光可能な制御なし
その他の居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・調光可能な制御なし
非居室 ・全て白熱灯等以外の器具
・人感センサーなし
太陽光発電 ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
コージェネレーション ・なし (※選択可であるが「なし」でも適合の可能性あり)
※ 断熱厚みは推奨で個別認定を取得したものではありません。本結果は計算モデルに則った結果であり
実際のプランによって結果が異なることがあります。採用に当たっては個別に計算が必要となります。
▲ ページの上へ


HOME
Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。