ダウ化工 株式会社

HOME








スタイロフォームの歴史



1960年





  ダウ・ケミカルと、
旭ダウ株式会社との間にて、スタイロフォームに関する技術援助契約が締結。 
[旭ダウ株式会社] 
旭化成工業株式会社 50%  ダウ・ケミカル・インターナショナルAG 50%
1962年 ・ 川崎工場稼動
・ スタイロフォームFR ・WB 販売開始
1963年 ・ 建材畳分野 販売開始
1964年 ・ 日本住宅公団標準仕様に採用(現 都市再生機構 )
1966年 ・ スタイロテックス 販売開始
・ スタイロパネル™ 販売開始
1967年 ・ SMグレード 製造開始
1969年 ・ 札幌工場稼動
・ IB3'×6'板 製造開始
1972年 ・ 鹿沼工場稼動
・ ウッドラック™ 販売開始
1974年 ・ スタイロフォームGK 販売開始
・ ウッドラックパネルカラー 販売開始
1975年 ・ スタイロフォームEK 製造開始
・ スタイロバン 販売開始
1976年 ・ 日本住宅公団 「スタイロ防水™」 工法採用
1977年 ・ SH 販売開始
1982年






・ 旭ダウ(株)よりスタイロフォーム、ウッドラックの事業を独立させる為
 ダウ化工 株式会社 設立 資本金23億円
・ ダウ化工(株)の全株式をDow Chemical A.Gが取得
・ ダウ化工営業開始
1983年 ・ LNGタンカー7隻にスタイロフレックス™採用
1984年 ・ スタイロフォーム 製造開始
・ SHS™(スタイロハウスシステム)に名称変更
・ スタイロガード™ 販売開始
1985年 ・ 笠岡工場 ウッドラック製造開始
・ スタイロボードスタイロフォームB2 販売開始
1986年 ・ スタイロスリットスタイロウォールドマフォーム™ 発売開始
1987年 ・ 鹿沼研究所事務所竣工
1990年 ・ ピットワーク™ 販売開始
1992年 ・ スローパー™ 販売開始
1993年
・ スタイロエース™ 販売開始
・ パタパタ™ 販売開始
1995年 ・ マットライナー™ 販売開始
・ 阪神大震災被災地にスタイロフォーム無償提供
・ スタイロフォーム JIS B1 グレードフロン使用廃止
1996年 ・ 全工場1種品 代替フロン使用廃止。 ノンフロン化完了 。
1998年 ・ サーモドライパネル™ 販売開始
・ ドレイナーパネル™ 販売開始
・ クロスサポート™ 販売開始
・ リサイクル推進室発足 中国営業所閉鎖
1999年 ・ SHS™-3  気密住宅工法 IBEC認定
・ 鹿沼加工回収センター発足 (鹿沼工場内)
2000年 ・ 東海地方の豪雨災害にスタイロ畳™ 無償提供
2002年 ・ ダウ化工株式会社 創立20周年
・ スタイロフォーム 販売開始40周年
・ ウッドラック 30周年
・ 広域再生産廃処理業環境大臣認可 顧客から端材回収開始
2003年 ・ 2種品ノンフロン化完了
2004年 ・ 新潟中越地震にスタイロフォーム無償提供
・ スタイロフォーム完全ノンフロン化
2005年
・ スタイロフォーム™AT 販売開始
・ 産業廃棄物広域認定制度取得
2006年 ・ スタイロフォームの全グレードを JIS A9511:2006R にリニューアル
・ ガルバリウム鋼板を貼り合わせたサンドイッチパネル スタイロガルバ™ を販売開始
2007年
・ スタイロラスター™ 販売開始
2009年
・ スタイロ畳 業界最軽量 かるぃ匠(かるぞう)販売開始 
(特許出願中)
2010年 ・ 産業廃棄物広域認定制度取得
・ 鹿沼工場・笠岡工場 新JIS認証取得(JIS A 9511)
2011年 ・ スタイロフォーム™EX を販売開始
2014年 ・ スタイロフォーム™FG 販売開始
2016年 4月
・ 吹付け硬質ウレタンフォーム 「スタイロスプレーフォームR 」(住宅用)販売開始
・ 熊本・大分地震による被災地支援のため熊本県阿蘇市、及び南阿蘇村に
 合計3千枚のスタイロフォームを寄贈
 ページトップへ
プライバシーポリシー  |  個人情報保護方針  |  最新のお知らせ  |  サイトマップ

Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。