ダウ化工 株式会社





平成25年省エネルギー基準は、「建築主等の判断基準」が平成25年1月31日に公布され、
    「一次エネルギー消費量」に関する基準が、平成25年4月1日に施行されています。

平成25年9月30日に公布された「建築主等の判断基準」改正告示によって、
    新たな外皮基準「新PAL(PAL*)」が導入され、平成26年4月1日に施行されています。

※「新PAL(PAL*)」基準は平成27年4月1日に完全施行となります。
※平成27年3月末までは、 従来の「平成11年省エネルギー基準」に基づく「PAL」基準を利用できます。

従来の「平成11年省エネルギー基準」に基づく「ポイント法」「簡易ポイント法」が、
    平成26年3月末で廃止となり、平成26年4月1日から新たに「簡易評価法(モデル建物法)」が導入されました。







外皮平均貫流率とは
「一次エネルギー消費量」に関する基準が設けられ、従来の「PAL」と同様に、新外皮基準 「新PAL(PAL*:パルスター)が導入されました。
地域区分は、従来の12地域区分から、住宅の省エネルギー基準と同じ8地域区分となりました
新外皮基準「新PAL(PAL*)」は、従来の「PAL」と同水準に設定されています。





新たに導入された「モデル建物法(PAL*)」の概要は、以下の通りです。
求められる外皮断熱性能は、旧ポイント法と同等水準となります。

適用規模 : 5000m²以下 ( 旧ポイント法と同じ )

基準値 : 新PAL (PAL*) 基準値と同じ値

WEB算定プログラムで算出される BPImが1.0以下で基準適合
BPIm=「PAL*設計値」÷「PAL*基準値」

建物形状を単純化、室用途区分を簡略化して扱う。

外皮面積の拾い作業・入力作業を削減。



新PALに比べて 計算が安全側 ( 旧ポイント法同等 )


地域 部位 1種 2種 3種 旧ポイント法
における配点
0.036 (W/m・K) 0.034 (W/m・K) 0.028 (W/m・K) 0.024 (W/m・K) 0.022 (W/m・K)
一般地域 外壁 25 25 20 20 20

30

20 20 15 15 15 15
屋根 50 50 40 35 30 20
25 25 20 20 15 10
寒冷地域 外壁 50 50 40 35 35 20
25 25 20 20 20 10
屋根 100 95 80 65 60 10
50 50 40 35 30 5



「一般地域」:「寒冷地域」、「暑熱地域」を除く地域
「寒冷地域」:北海道、青森県、岩手県、秋田県
「暑熱地域」:沖縄県、鹿児島県トカラ列島・奄美諸島、東京都小笠原支局



「モデル建物法」は、専用のプログラムを使用して計算します。


【参考】
   「モデル建物法」の計算に用いる「集計表(外皮1)」で算出する「熱貫流率Ui」は、
   スタイロフォーム の種類、厚さ毎に以下のようになります。


HOME
▲ ページの上へ
Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。