ダウ化工 株式会社

HOME

















































嵩上げ・断熱・湧水処理 
スタイロライナーは、水に強く耐圧性に優れたスタイロフォーム™からなり、 深型湧水処理・軽量嵩上げをスピーディーに、 配管スペースの確保、現場廃材の低減などコストメリットや施工上のメリットが大きい画期的新工法を実現します。



スタイロライナーを使用した深型湧水・軽量嵩上げの工法



1層目は リン木形状に、不織布テープで連結したスタイロライナーを敷き込み、
2層目は「スタイロフォーム」で全面敷設を行い、深型湧水処理ならびに軽量嵩上げを実現します。
必要最小限のアンコ量と押えコンクリート量、配管スペースの確保、現場廃材の低減等、コストメリットや
施工上のメリットが大きい画期的新工法です。




スタイロフォームの特長


1.施工性
・結束梱包を解くだけで簡単敷きこみが可能
・強度計算に基づくリン木間隔で連結済みのため施工誤差が最小限
・配管部の施工が容易
2.省エネ・環境保護 ・高い断熱性、優れた結露防止効果。居室・店舗に最適
・端材はリン木間のスペースに挿入。廃材を大幅に低減
3.コストメリット ・必要最低限のアンコ量と押えコンクリート量でOK
・専用スペーサー不要。サイコロスペーサーにも対応
4.フレキシビリティ ・要求性能に応じたサイズ・リン木間隔に対応可能
5.水をほとんど吸収しない 断熱材の吸水量の比較 >>
6.軽くて丈夫 詳細はこちら >>



WEBカタログ

PDF 12.7MB
関連情報
- スタイロライナー 150t(のみ) 販売エリア 関東以北



スタイロフォームの特長


スタイロライナーのサイズ

スタイロライナー
100t x 100 x 910 x 3,642    ( 100x100x910、@253、15本連結 )
150t x 100 x 910 x 3,642  ( 150x100x910、@253、15本連結 )- 販売エリア:関東以北
スタイロフォーム
50t x 910 x 1,820 75t x 910 x 1,820 100t x 910 x 1,820

設計上の注意事項 ]

本ページに記載されている以外のリン木間隔や厚み構成、または駐車場
での採用をご検討される場合は、ダウ化工が別途提供する強度計算書に
基づき設計を行ってください。特に長期的な荷重や集中荷重が発生する
場合は、事前に強度計算に基づく充分な検討が必要となります。




スタイロライナーの物性表
JIS A 9511:2006R A種押出法ポリスチレンフォーム保温板
製品名 熱伝導率 曲げ強さ 圧縮強さ 燃焼性 吸水量
W/(m・K)
N/cm2 N/cm2 ※2 g/100cm2
スタイロライナー 0.036以下 20以上 6.3 合格 0.01以下
スタイロフォーム 16
※2  3秒以内に炎が消えて 残じんが残らないこと


スタイロライナー WSF工法設計の価格  
厚み 材料構成 材料価格
(円/m2 )
材工価格
(円/m2 )
総厚150mm スタイロライナー100t + スタイロフォーム 50t 4,300 5,300
総厚175mm スタイロライナー100t + スタイロフォーム 75t 5,380 6,380
総厚200mm スタイロライナー100t + スタイロフォーム 100t 6,470 7,470
総厚250mm ※スタイロライナー150t + スタイロフォーム 100t 7,370 8,370
*消費税含まず 価格は全て参考価格   ※ 150t(のみ)販売エリア 関東以北






■ 施工上の注意  スタイロライナーの設置間隔について

スタイロライナーを設置する際は、下図の寸法A〜Cに制限があります。
施工の際には制限を超えることのないように注意ください。


 ページトップへ
プライバシーポリシー  |  個人情報保護方針  |  最新のお知らせ  |  サイトマップ

Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。