ダウ化工 株式会社

HOME






<< 前のページに戻る



よくある質問



法規制について
[FAQ #.0042]
省エネ基準と住宅性能表示制度との関係は?

A.
住宅品質確保法に基づく住宅性能表示基準は、10分野34項目(新築住宅32項目)の
性能について、共通のものさしで評価を行う制度ですが、10分野のうちの一つが「温熱環境に関すること」として「省エネルギー性能」が評価されることになっています。

表示する等級は
等級4:現行省エネルギー基準(次世代省エネ基準、平成11年基準)
等級3:平成4年省エネルギー基準(新省エネ基準)相当
等級2:昭和55年省エネルギー基準(旧省エネ基準)相当
等級1:その他(無断熱も含む)
という4段階で評価されます。

「等級4」については、現行省エネルギー基準に適合することが必要であり、構造躯体の高
断熱化、夏期の日射遮蔽対策などについて評価されることとなります。なお、性能表示基準では、これにあわせて改正後の省エネルギー基準では配慮事項として位置付けられている「結露対策」についても要求されています。

◇参考資料  
住宅金融支援機構 http://www.jhf.go.jp/ 


 スタイロフォームの特徴はこちら >>
 スタイロフォームの物性表はこちら >>



メールでのお問合せ
メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。
メールでのお問い合わせへ

 ページトップへ
プライバシーポリシー  |  個人情報保護方針  |  最新のお知らせ  |  サイトマップ

Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。