ダウ化工 株式会社

Home> 断熱リフォーム リフォームワーク™ > 木造住宅の内側断熱リフォームの流れ
工事が簡単でスピード施工 最短2日で工事が完了します。
(部屋の形状、面積により変わります。)
平成25年省エネルギー基準に基づく地域区分4(青森県、岩手県、秋田県を除く)・5・6・7・8地域に対応します。
リフォームワーク施工手順

現況確認として、壁の突起物の有無、ドア等の可動範囲、木造躯体の下地ピッチを確認します。
その後、下地調整として、エアコンやコンセントボックスの取外し、廻り縁や幅木を撤去します。
尚、窓や出入り口部の取り合い部は、断熱材との取り合いを考慮し、必要に応じて、窓額縁や見切り材を設置します。
現況確認
・壁の突起物等の有無、ドア等の建具扉の開閉部の可動範囲
・エアコンやコンセントの有無
・幅木や廻り縁の形状
・断熱の範囲の確認
・木造躯体の下地ピッチ
窓廻り、見切り材の設置
・エアコン、コンセントカバーの取外し
・廻り縁、幅木の撤去(撤去が困難な場合は、断熱材を切り欠く)
・コンセントボックス、天井際、床際への気密工事
・柱及び間柱の位置の確認
(床面に木下地の位置が分かる様に印をつける)
下地の調整が完了した後、断熱材を壁に仮止めします。その後、断熱材表面に施された溝に沿って、シャークバーを打込みます。
シャークバーは、木造躯体の柱・間柱のピッチに合わせ設置し、ビスで固定します。
シャークバーで、断熱材を固定した後、仕上げとして、石膏ボードの設置及びビニルクロス仕上げを行います。
窓廻り、見切り材の設置
・窓下枠部への木製見切材の設置
・断熱範囲末端部への化粧見切り材の設置
断熱材の設置
・断熱材(スタイロフォームFG)を釘等を用いて仮固定する。
鋼製下地材の設置
・シャークバーの設置
・窓廻りLバーの設置
・遇角部コーナLバーの設置
仕上げ
・石膏ボードの設置
・ビニルクロス工事
 ページトップへ
プライバシーポリシー  |  個人情報保護方針  |  最新のお知らせ  |  サイトマップ

Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。