ダウ化工 株式会社

HOME


























鉄筋コンクリート造等の住宅

1)鉄筋コンクリート造 及び 組積造の住宅 その他 これらに類する住宅 2)(1)以外の住宅 


断熱等性能等級2 | 断熱等性能等級3 |  断熱等性能等級4  |  地域区分表
T地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 1.2 IB (1種b) 45
B2 (2種b) 45
エース-II (3種b) 35
1.0 IB (1種b) 40
B2 (2種b) 35
エース-II (3種b) 30
外気に接する部分 1.2 IB (1種b) 45
B2 (2種b) 45
エース-II (3種b) 35
その他の部分 0.8 IB (1種b) 30
B2 (2種b) 30
エース-II (3種b) 25
U地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 0.7 IB (1種b) 30
B2 (2種b) 25
エース-II (3種b) 20
0.6 IB (1種b) 25
B2 (2種b) 25
エース-II (3種b) 20
外気に接する部分 0.5 IB (1種b) 20
B2 (2種b) 20
エース-II (3種b) 15
その他の部分 0.4 IB (1種b) 15
B2 (2種b) 15
エース-II (3種b) 15
V地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 0.7 IB (1種b) 30
B2 (2種b) 25
エース-II (3種b) 20
0.6 IB (1種b) 25
B2 (2種b) 25
エース-II (3種b) 20
外気に接する部分 0.5 IB (1種b) 20
B2 (2種b) 20
エース-II (3種b) 15
その他の部分 0.4 IB (1種b) 15
B2 (2種b) 15
エース-II (3種b) 15
W地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 0.7 IB (1種b) 30
B2 (2種b) 25
エース-II (3種b) 20
0.4 IB (1種b) 15
B2 (2種b) 15
エース-II (3種b) 15
外気に接する部分 0.3 IB (1種b) 15
B2 (2種b) 15
エース-II (3種b) 10
その他の部分 0.1 IB (1種b) 5
B2 (2種b) 5
エース-II (3種b) 5
X地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 0.5 IB (1種b) 20
B2 (2種b) 20
エース-II (3種b) 15
- IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
外気に接する部分 - IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
その他の部分 - IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
Y地域における断熱材の厚み

部位 熱抵抗
の基準
(m2K/W)
種類 厚さ
(mm)
屋根または天井 0.5 IB (1種b) 20
B2 (2種b) 20
エース-II (3種b) 15
- IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
外気に接する部分 - IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
その他の部分 - IB (1種b) -
B2 (2種b) -
エース-II (3種b) -
※等級2・等級3においては、
内断熱・外断熱・充填断熱工法・外張断熱工法の違いによる断熱材の厚みに違いはありません。



●住宅金融支援機構のフラット35を利用する場合で、
基礎断熱工法とする場合は、機構の定める基礎断熱工事を行う必要があります。

●この表の厚みは、「住宅に係るエネルギー使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針」(設計・施工指針)
に規定する「断熱材の熱抵抗の基準」に適合するために必要な厚さに換算したものです。
●表中の厚みは、基準に適合する厚みを5mm単位で切り上げたもので、必ずしも製品の厚みがあるものではありません。
 ページトップへ
プライバシーポリシー  |  個人情報保護方針  |  最新のお知らせ  |  サイトマップ

Copyright (c) ダウ化工(株) (1995-2016). All Rights Reserved.
®、TM は、ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー/ダウ化工(株)の商標です。